爆釣ルアーフィッシング

爆釣ルアーフィッシング

「本物の」世界記録オオクチバス

[ad_1]

バス釣りを愛する人なら誰でも、77年前にジョージ・ペリーが捕まえた過去世界記録のオオクチバスが、クリタマヌブという日本の釣り人に挑戦されていることを知っていると思います。釣り人は日本のDepsルアー会社によって後援されています。

IGFA、国際ゲームフィッシュ協会は、この問題全体の決定的な声であり、誰もが認証に関する彼らからのニュースを待っています。

「それについて聞いたが、詳細はわからない」と、IGFAの漁業記録および保護局長であるジェイソン・シュラットヴィーザーは述べた。 Schratwieserは、新記録を樹立するには、ベースをペリーのキャッチより2オンス重くする必要があると述べました。

「それが重量であれば、それはそれを結びつけるだろう」とシュラトヴィーザー氏は述べ、IGFAの規則では、25ポンド未満の記録的な魚の場合、交換用の記録は既存の記録より少なくとも2オンス重くなければならないと規定している。

サンディエゴ郡のバスアングラー、マイクロングは、世界でトップのビッグバスアングラーの1人として認められており、「本物のように見えます。周囲は正しく見えます。すべてが正しく見えます」と、のシニアエディターであるケンデュークは述べています。 BASSの出版物:「これまでに見たどの状況よりも、より身近で実際の取引のようです。」

琵琶湖は日本最大の湖で、259平方マイル以上をカバーしています。また、世界で最も古い湖の1つとも言われています。山々に囲まれ、風光明媚な環境で有名です。その透き通った水は300フィート以上の深さです。

日本でこれを捕まえることについてのことは、それがこの国で捕らえられなかった以外の多くの理由で、ここアメリカで最もハードコアのトロフィーハンターとバスアングラーの穀物に本当に反するということです。

1つ目は、数年前にカリフォルニアのディクソン湖で25.1ポンド(ビデオテープ)の世界記録をすでに獲得しており、技術的な理由で認定されていなかったことです。

もう1つは、日本はオオクチバスを侵入種と見なしており、バスを取り出して食べることです。この特定の湖のレストランでは、メニューにオオクチバスを提供しています!

そして第三に、カリフォルニアでこれらのバスをスイムベイトやその他のフィネステクニックで何千時間もかけて釣りをした後、ライブベイトで捕まえられるのを見ると、いわば火に燃料が追加されます。

琵琶湖は日本最大の湖で、259平方マイル以上をカバーしています。また、世界で最も古い湖の1つとも言われています。山々に囲まれ、風光明媚な環境で有名です。その透き通った水は300フィート以上の深さです。

近年、日本の当局者はそこでの商業漁師の懸念に反応し、琵琶から侵入種を排除しようと試みており、ブラックバスまたはオオクチバスがその侵入種のリストに含まれています。未確認の報告によると、25ポンドのオオクチバスが商業漁師の1人によって網にかけられた可能性があります。滋賀県立琢磨博物館のレストランでは、メニューにオオクチバスを提供しています。

以前の日本のベースレコードは19.15ポンドの重さがあり、2003年4月22日に池原湖から島田和也がスイムベイトでキャッチしました。

私の個人的な見解は、このベースは最初に述べたようにライブベイトで捕らえられ、釣り人が突然何が起こっているのかを理解し、デップスのルアーに後援されたとき、彼はストーリーを少し変えることにしました。

このベースは、IGFAによって少なくともタイとして認定される可能性が高いですが、ペリーの記録のように77年間続くとは思いません!! 2010年にカリフォルニアに春が来るとすぐに、ディクソン湖から新しい世界記録のオオクチバスがやってくると思います。おそらくマイクロング、マックウィートリー、またはジェドディッカーソンによるものでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *