爆釣ルアーフィッシング

爆釣ルアーフィッシング

釣り道具の歴史

[ad_1]

釣り道具は、釣りの黎明期から大きな変化を遂げてきました。この記事では、穴居人の時代から今日までの技術の進歩の概要を簡単に説明します。釣りは、少なくとも後期旧石器時代(約4万年前)にさかのぼり、今日の方法とは異なる形をとっていました。彼らは線や網の代わりに槍を使いました。これらの槍は棘を進化させ、現在銛として使用しているものに似ています。

現代的なスタイルの釣りピンの最も初期の兆候は、7500年から3000年前のカリフォルニアでの出現を示しています。カリフォルニアでは、峡谷のフックとラインを備えた釣り道具が発見されています。一部のネイティブアメリカンの部族は、魚の捕獲を可能にするために毒素で淡水の流れを汚染したことも知られています。古代ギリシャの遺跡で発見されたワインカップには、釣り竿を持った岩の上の少年が描かれています。彼の下の水には、魚を生き続けるために使用されるフィッシュトラップまたはフィッシングケージがあります。

釣り糸が最近作られている現代のプラスチックや繊維が発明される前は、釣り糸は他の多くの材料から作られていました:生皮、植物繊維、麻の茎、さらにはココナッツの髪。ネットもこれらの材料の恩恵を受けました。釣り道具の起源が大まかにわかったところで、現代の進歩と技術を見てみましょう。

最近では、釣り糸は技術の進歩の恩恵を受けており、ポリフッ化ビニリデン(フルオロカーボン)、ナイロン、ポリエチレン、ダクロン、ダイニーマなど、ほぼ独占的に人工物質で作られています。これらの人工物質は、天然のものに比べて多くの利点があり、より強く、より軽く、カモフラージュしやすいため、魚に気づかれません。

最近では、さまざまな素材とさまざまな形で作られた何百ものさまざまな種類の釣り針があり、すべて単一の目標を念頭に置いています。魚を捕まえる。ここに行くにはあまりにも多くの方法がありますが、それらはすべていくつかの類似点を共有しています。

リールが発明され、ロッドも大きな変化を遂げ、宇宙時代の技術を使用して釣り体験を最大限に活用しています。線とフックの付いた棒の時代は終わりました。ルアー自体にも他の進歩があり、最近追加された「スイムベイト」はこの作者を特に興奮させています。水に引っ張られると、スイムベイトは負傷した生きた魚の行動を模倣します。

餌警報はもう一つの現代の進歩です。約20年前から、ベイトアラームを使用すると、漁師は他の活動を行ったり、ただ寝たりすることができます。ベイトアラームは、ベイトを監視し、注意すべき点がある場合は漁師/女性に警告します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *