爆釣ルアーフィッシング

爆釣ルアーフィッシング

釣りで家族で楽しむためのアイデア

[ad_1]

家族で楽しむことが旅程にある場合、多くの選択肢があります。釣りは、すべての年齢の人々にアピールする安価な活動である可能性があります。誰もがロッドとベイトで楽しく安全な時間を過ごせるように、標準的なガイドラインと慣行に従ってください。

正しいトーンを設定する

真面目な釣り人は大きな魚を上陸させるために静かで集中力がありますが、子供たちはただ楽しみたいだけです。したがって、ロッド、餌、タックルボックスを使って家族で楽しむときは、冒険と探検のトーンを設定してください。若者は、ニブルを待っている間、何時間も黙って桟橋に座りたがらないでしょう。代わりに、彼らはおそらく水に飛び散り、岩を探し、石をすくい取り、水に棒を投げ、蝶を見て、カエルを捕まえ、花を摘み、かくれんぼをしたいと思うでしょう。大人専用の旅行のために真剣な釣りを保存し、この遠足を楽しい冒険に集中させてください。

事前に準備する

手の込んだギアやタックルは必要ありませんが、水にぶつかる前に必要なアイテムが揃っていることを確認してください。アイテムを紛失した場合に備えて、フック、ベイト、ライン、ルアーを十分に詰めてください。キャッチを持ち帰る場合は、クーラーボックスと氷を用意してください。手袋、全員のための追加の着替え、帽子、日焼け止め、および救急箱を持参してください。パーティーのみんなのためのおやつや飲み物も忘れないでください!

機器の選択

絡み合ったラインや複雑なロッドは、若いアングラーにとってイライラすることがあります。

-ロッドを慎重に選択することで、これらの問題の多くを回避できます。スピンキャスト機構は最も基本的な設計であり、初心者に最適です。キャストするには、ラインを水中に前方に推進しながら、リールのボタンを押すだけです。

-バーブレスフックは、若者にとって最も安全な選択です。とげのあるフックを使用する場合は、ペンチでとげを絞ってフックから外します。とげがないので、フックが誤って何かや誰かを引っ掛けた場合に、フックを外しやすくなります。

-ワーム、パン、昆虫は子供にとって最高の餌になります。基本的な浮きとシンカーを使用して、ロッドのセットアップを完了します。人工ルアーは魅力的かもしれませんが、釣り人は魚の注意を引くために繰り返しキャストする必要があるため、一緒に釣りをするのはより困難です。

安全ガイドライン

家族で楽しい外出をする際に、全員が安全を確保できるように対策を講じてください。

水泳のスキルに関係なく、パーティーの全員が深海の周りにいるときは個人用の浮力装置を着用する必要があります。これには、ボートに乗ったり、動きの速い水や深海の近くで過ごした時間が含まれます。米国沿岸警備隊の規制では、ボートに乗るすべての乗客が個人用の浮力装置を持っている必要があります。遠足に水遊びが含まれる場合でも、安全上の注意を払ってください。水深と流れの強さを知ってください。

釣りをするときも安全ガイドラインに従ってください。事故を防ぐために適切な鋳造技術を子供たちに教えてください。フックを誰かや何かに引っ掛けないように、キャストする前に誰もが常に背後をよく見る必要があります。

タックルを開いたまま地面に散らばらせないでください。

提案と安全ガイドラインに従って、水上での家族の楽しみが前向きな体験になるようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *